2009年 11月 16日
再び不調。。
ジャパンカップの前の週にお腹の調子を悪くしてしまったゆめですが、
またしてもイベントの一週間前に体調を崩してしまいました…(>_<)

今度は上からも下からもです。。。
詳細を記録として残しておこうと思います。

*今回も、お食事中の方はご遠慮くださいませm(_ _)m




14日の夜中、お腹の調子が悪かったのか、トイレに起きる。
室内のトイレまで辿り着けずにしてしまう。
ちょっと軟らかいという程度。

その2時間後、今度はリバース。
計4回、吐くものがなくなるまで続く。

お昼頃、ベランダに出たそうにしていたので窓を開けると
すぐに出て行き、水のような下痢をしてしまった。
ベランダでトイレをしたことなんて一度もなかったのでビックリ。
相当苦しかったのだと思います。
普段はすこぶる快腸なゆめなので、とても心配になってしまいます。

夕方、パパが帰ってから病院へ連れて行くことに。
車に乗る前に少し周りを歩くと、また水便。


かかりつけの病院へ。

うんちの検査をしてもらったが異常はなし。
熱もないし食欲もある。
気温の変化などによる体調不良からくる、胃腸障害という診断でした。
細菌性の下痢ではなさそうなので、止めた方がいいということで
下痢止め(エルベン注、硫酸ベルベリン)を皮下注射することに。
背中に一本プスリ。。

ゆめパパが質問したところ、腸の動きを止めるのではなく、
便自体を固める作用のある、比較的穏やかなタイプの下痢止めだそうです。


しっぽ、かなり巻き込んじゃってます。
c0158813_14233821.jpg
先生は胃薬の筋肉注射もすると仰ったのですが、筋肉注射は痛みがあるということなので、
相談した結果、胃薬は錠剤にすることにしました。

下痢止めと胃薬の飲み薬を出してもらって帰宅。
ビフィズス菌製剤はうちにある人間用のものでいいそうなのでそれを使います。
c0158813_14172840.jpg

夜、少し外へ出るが排便はなし。本犬はいたって元気なのが救いです。



15日、適度な運動はしても問題ないということだったので夕方お散歩へ。
少し歩くと、うんちポーズ。
注射をしたのでてっきり固めのが出るかと思ったら、
また水…、でも途中からゼリー状になった。
その後3回同じような排便。


先生によると、ゼリー状のものより、水状のほうが症状が重いのだそう。
わたし、逆かと思ってました。
ということは、少しだけれど回復しているということ!


ちょっと安心して帰宅し、足を拭きます。
ところが、いつもなら走って部屋へ入るゆめの元気がない。
どうしたのだろうと思っていると、嘔吐の姿勢を取りました。

グエッ、グエッ、、と、2、30回繰り返し・・・
なかなか吐けないので呼吸も苦しそう。
やっと出したのは少しの胃液。
わたしはゆめの苦しそうな姿を見て不安でいっぱいでした。
と同時にゆめパパが帰宅し、急いで病院へ。


日曜ということで病院は混雑していて、1時間ほど待って診察室へ。
下痢止めの注射で治まらないということは治りにくくなってしまっているとのことで、
もう一度量を増やしての注射と、昨日はしなかった胃薬の注射もすることに。。
筋肉注射の針が太ももに刺さった瞬間、座り込んで震えだしてしまいました。
涙も流しているし。。。(T_T)
痛かったね、頑張ったよ。これでお腹もゲーも治るといいね。


こういう症状の場合、原因の特定は難しいのだそうです。
あまり治らないようなら、すい臓の異常がないかなどを確かめる血液検査や、
異物を飲み込んでいないかを見るためのレントゲンなどの検査をすることになるとのことでした。



それから、ごはんをヒルズの療法食の缶詰にしませんかと言われました。
繊維質が豊富なごはんで、便を固める作用があるとのこと。
肥満改善にも使われるものらしいです。
原材料を見てみると、とうもろこし、チキンなど。
うーん、とうもろこしか~。。。
急に食事を替えるのにも抵抗があったので、缶詰はやめて、お芋などで代用することにしました。


下痢止めの飲み薬も増やしてもらい、帰宅。

病院にはうさぎさんや猫ちゃんも来ていて、
猫ちゃんの鳴き声に首をかしげて尻尾を振っている姿を見て、
なんだかホッとするやらおかしいやら。
今日も、悪いところ意外は普段どおりの元気なゆめです。



このあいだのことでアドバイスのコメントもいただきましたが、
先生もオススメのお芋で繊維増量のごはんに。
おからも良いそうですが、元々大豆食品で緩くなるタイプなので使えません。

おかゆをフープロでペーストにしたものとさつま芋、ささみ少量のごはんです。
c0158813_14173841.jpg
これで、いいうんちさん出ておくれよ~。


食べたあとは、かまくら掘って寝ています。
何だか具合悪そうに見える写真ですが、いつもどおりってことです(笑)
c0158813_14184933.jpg
今はリバースの症状もなく、まだ排便もありません。


週末はウィ祭りの開催があります。
またもやイベント前の不調で…今回はキャンセルになってしまうかもしれません。
早めに良くなれば様子を見て参加させていただくかもしれませんが、
無理だけはさせないように、しっかり治していきたいと思っています。



原因については、前回と今回に共通して思い当たることがひとつ。
広場に遊びに行った時に、コロコロとしたうさぎの糞のようなものを食べてしまったのです。
これが一体何なのかはわかりませんが、思い当たることはこれくらい。
もしそれが原因だとしたら、拾い食いのしつけができていない私達の責任です。








それから、もうひとつ気になっていること。


前回の不調の時にちらっと書いた、爪の変色。
足を拭いたらキャンと言い、指を握ったらかなり痛がっていました。
あれから2週間ほど経っているので、今は痛みはなさそうです。
歩くのも走るのも、普通にできます。

写真は少し前のもので、爪切りをしていないのでかなり伸びています^^;
爪切り大嫌いなゆめなので、痛い時にはしないほうがいいだろうということでちょっとお休みしていました。

今回先生にも診ていただきましたが、やはりどこかにぶつけたか、内出血しているようとのこと。
c0158813_1419724.jpg
ピンクの矢印の爪に、縦に黒っぽく線が入っています。

白い矢印の方は、根元が赤黒っぽい色になっています。これはどちらの爪も同じ状態です。
他の爪はなっていないので、何なのか・・・
血のような色なので心配してしまいます。
お友達ワンコも、同じように根元が変色しているらしい。

爪から細菌感染することもあるそうなので、そういうものの可能性もあるのかなぁ。。
その場合、特に治療はしないそうです。

何かご存知の方がいたら教えてください。




とにかく、早く良くなって、いつものゆめに戻りますように!!
[PR]

by yume-whi | 2009-11-16 15:46 | 健康


<< その後の経過      Japan Cup Final... >>