カテゴリ:健康( 25 )

2012年 07月 01日
近況 と、ひさ~しぶりのランララン♪


長いことブログを放置してしまった…
みなさま、ご無沙汰しております(^^ゞ

c0158813_18105953.jpg

ゆめひな、とりあえず元気です(^^)v
c0158813_1811521.jpg



色々と忙しくしており、皆さまのブログへもなかなか遊びに行くことができず。

そんな間も、ちょっとでも我が家のことを気にかけていただいたり
"ゆめみごこち"を覗きにきてくださったみなさま、どうもありがとうございます(*^^*)


忙しさに加えて、気持ち的にブログをUPする余裕がなかったため、
ひなたの誕生日で時が止まってしまってました。


というのも、春の健康診断でのゆめの血液検査の数値に異常があり…


前半は文章ばかりになってしまいますので、
お時間のある時にでも読んでいただければ幸いですm(_ _)m





今回の健康診断は、いつものかかりつけの病院ではなく
家のすぐそばに新しく移転した大きな病院で検査していただくことにしました。

いつもの病院は先生、スタッフ皆さんがゆめひなを可愛がってくれてとっても雰囲気が良いのですが、
ゆめパパが見た所、かなり古い機械を使っているので、検査は別の病院でしようかなと思っていたこと。

そして、先日てぃだママとお話した時に、新しい病院では血液検査の項目がより詳しく調べられることや
各分野の専門の先生がいらっしゃることをお聞きし、こちらの病院に決めたのでした。



ここへ来るのは初めてではないのですが、ワンコがたくさんの待合室にドキドキのふたりです。
視診、触診ではふたりとも健康体、異常なし。


以前から、ゆめの眼がだんだんと青白っぽくなってきているのが気になっていたので
「白内障でしょうか?」とお聞きしたらそうではなく、
ワンコの老化現象のひとつで「核硬化症」というものなのだそうです。
これはだいたいの子がなるもので、見え方もほぼ変わらないし心配ないとのことでした。

最近外で私達を見上げる時眩しそうにしているのでそれも伝えたところ、
核硬化症の症状で眩しく感じることもあるとのこと。

今まで、シニアワンコの眼が白っぽくなっているのは白内障の症状だと思っていたのでビックリ。
"老化"というのはやっぱりちょっと寂しい言葉ではあるけれど、
心配していたので否定されて嬉しかったです(*^-^*)



あとは血液検査です。
通常の血液検査の14項目に加え、血液生化学検査が22項目。

ゆめはやっぱりサイトハウンドらしく血がドロドロ(^▽^;)
抜くのに結構な時間がかかります。ひなたはサラサラですんなり(笑)

ゆめに最近多飲多尿の傾向があり、もしかしたら腎機能に何かあるかもしれないと思っていたので、
先生にその旨をお伝えして結果を待ちました。



数日後、結果の用紙が郵送されて来ました。

c0158813_1945672.jpg

これはゆめの用紙なのですが、左の血液検査ではいつもの通り、ヘマトクリットその他赤血球関係が高めで、
他のいくつかは低めですがほぼ基準値の近くでした。

問題が右の生化学検査です。

膵臓から分泌される酵素のアミラーゼ、リパーゼが共に基準をオーバーしていました。
特にリパーゼは基準値が200~1800 U/lのところ、
3697 U/l」と大きく外れていました。


先生からの所見メッセージでは、吐くなどの症状がなければ特に問題はないとのこと、
ゆめには多飲多尿の他に症状はなく、いたって普段通りに元気です。が…



私達は「膵臓」という言葉に、ショックを隠せませんでした。


ゆめパパは、母親を膵臓ガンで亡くしたばかり。


もし、ゆめにも膵臓に異常があったら…



検査でもすぐには異常が見つかりづらい臓器です。

ゆめパパのお母さんは、末期でも腫瘍マーカーに異常が見られなかったり、
様々な検査をしても異常なしと言われ続けていました。

人間の病院でも発見・診断が難しい膵臓という臓器、
ワンコだと症状を伝えることも出来ないし、更に発見は遅くなってしまうでしょう。





すぐに病院へ向かい、追加の検査をお願いすることにしました。
先生のお話では、アミラーゼとリパーゼに異常が出ているので
膵炎か他の臓器の炎症、そして可能性としては腫瘍ということも考えられるとの事でした。

膵臓に出来る腫瘍はほとんどが悪性=ガンなのだ、ということは調べて知っていたのでやはりショックです。

少し前まではワンコの膵炎の診断は難しかったそうなのですが、
今は「犬膵特異的リパーゼ」というものの検査が可能で、
早期&確実な診断ができるようになったのだそうです。


ということで、また採血。
過去の経験から採血後に内出血しやすいゆめなので、しっかりと押さえて、騒がないように、ね。

またまた検査の結果待ち、落ち着かない日々です(^^ゞ


自分で色々と調べてみたのですが、「膵炎」というのは…

膵臓から出ている酵素、アミラーゼやリパーゼは
普段は膵臓自身を傷つけてしまわないように不活性の状態になっているが、
何らかの理由でそれが活性化されてしまうようになり、それで膵臓自体が消化されてしまって傷ついている状態。
そのため、検査では血中にアミラーゼやリパーゼが計測されるようになる、ということのようです。





そして、今度は先生からお電話での結果報告でした。

膵特異的リパーゼの基準値が
~200μg/L 通常
201~399μg/L 膵炎の疑いあり。
400μg/L以上 膵炎の可能性が高い

となるのですが、
ゆめの結果は490μg/Lだったとのことでした。

膵臓に何らかの炎症があることは間違いない、とのこと、
今後の検査の予定などのお話を聞いている最中、
大事な話だからきちんと聞かなくてはいけないのに
先生の声が頭の中をすり抜けていくような感覚でした。


そして後日、先生ともよく相談した結果、追加検査としてエコー(超音波)検査をすることにしました。
膵臓を診るには他にもCTやMRI、レントゲンなども有効なのだそうですが、
CTなどとなると全身麻酔をしなくてはならず、ゆめにとって負担になってしまうので
診察台の上で麻酔なしでできるエコーを選択しました。

しかも。

通常、検査は預かりで半日がかりなのですが(先生方の空いた時間を使ってするそうです)
病院嫌いでかなりのビビりっ子のゆめなので、先生方にお願いし、
その場で検査&私達も付き沿いOKにしていただきました♪
甘やかしすぎだと思われるかもしれませんが、ゆめになるべく負担をかけたくないのです。


そんな経緯で、私達も一緒にエコー画像を見ながらの検査。
いい子だね~、と声を掛けながらなので、冷たいエコーゼリーを塗られても
器械を当ててもおとなしくしてくれていました。

胃の裏側にある膵臓は、通常は画像には写ってきません。

炎症がある場合は黒く写ってくるとのことなのですが、丁寧に見てもそのようなものは認められず。
また、腫瘍も、画像を見る限りでは認められないとのことでした。


…ということで、エコーでは異常なし。
血液検査の結果から、慢性膵炎であろうという診断でした。

他の臓器も綺麗な状態で、動きも正常だそうです。
異常がないのはとっても嬉しい!
でも、そうすると異常値の原因が何なのかわからないわけで…


今のところ症状もないし元気なので、先に書いた通りあまり検査で負担をかけたくないという考えで
他の検査は今のところしない方向です。

もし腫瘍であった場合、手術をしても他の治療をしても、辛い思いをさせてしまうことになると思うので…
そうではないことを祈りつつ、炎症が治まってくれることを願いつつ、
出来ることをやって行きたいと思います。

これからもリパーゼの数値を定期的に見て行った方が良いとのこと、
近いうちにもう一回と、その結果を見て年に数回血液の検査だけはやっていこうと思います。




長くなりました!!

そんなこんなで心配はまだあるのですが、
とりあえず、ゆめは変わらず元気です♪
ひなたも、もちろん元気です♪

あ、ひなたの肝臓の数値の方も気になっていたのですが、
前回の検査と変わらず通常値でした(^^)v

心配なことは心配だけど、ゆめの普段の様子を注意深く見ていること、
今まで与えていたサプリメントに加えて、膵臓にも良いとさえるシニアブレンドのハーブチンキを追加したり
ごはんの内容を見直したり、炭水化物を玄米粥ペーストに替えたり…
良さそうなことは取り入れ、できるだけストレスを減らしていくなど、
普段の生活の中で出来ることを考えて実行しています。

次回の検査で、数値が下がっていることを祈りながら(*^-^*)



*     *     *     *     *     *     *



さてさて、今年に入ってからドッグランへもほとんど行けなかったのですが、
梅雨の晴れ間を狙って久しぶりに足柄へ行ってきました(^^)/

わあーーーーーい♪♪
c0158813_18133199.jpg
そうそう、ひなたは去年のこの時期と同じく、頭を残してマルガリータです(笑)
かなり短くて怪我しやすくなっているので、ねえちゃんのTシャツを着用。

我が家が到着したのと同じくらいに、はじめましてのウィの姿が!
ずっと走っていないうちの子ふたり、ガス抜きのためにしばらくそのウィちゃんとは違うエリアに入れていたのですが、
ひなたとその子がフェンス越しに走りまくる~。
c0158813_18134589.jpg

すんごく楽しそう(笑)
c0158813_18135344.jpg
しばらくカメラにも触っていなかったので、シャッター優先で撮ってしまって真っ暗だ(^▽^;)

こちらも、わくわくの様子(^m^)
c0158813_181484.jpg
なので、しばらくしてからウィちゃんがいた一番広いエリアに入らせてもらいました。


この子のお名前はウィードくん。一歳の男の子だそうです^^
流れ星銀の続編、銀牙伝説WEEDから取ったお名前だそうです♪
…と言うことは、もしかしたら英語表記かな?

にこにこー♪
c0158813_21552310.jpg
とってもフレンドリーな性格のウィードくん。

お顔の感じや尻尾の毛の長い感じが少しサルーキっぽい?と思っていたら、
純粋なウィペットではなく、何代か前にサルーキが入っているのだそうです。
なるほど、やっぱりどことなく神秘的な雰囲気だもんね^^


このふたり、年も近くて男の子同士気が合ったようで
じゃれたり走ったり、とにかく良く遊んでました(*^-^*)
c0158813_18143875.jpg
ゆめはちょぴっとジェラシーか?たまに参加してはウィードくんに喝を入れてました(^^ゞ
c0158813_18173298.jpg

他のウィペットに会ったことがないというウィードくん、ウィっておこりんぼなんだと思わないでね(笑)

そしてゆめは、ウィードくんのママさんに甘えてご満悦。
c0158813_18182275.jpg

自慢げ(笑)
c0158813_18175216.jpg


ひなたとウィードくんのプロレスのレフェリーになってみたり…
c0158813_18184283.jpg

お、レフェリー動きました!一旦ストップか?
c0158813_18181228.jpg
ウィードくん、カンガルーみたいに飛んでますね(笑)

しっぽがぴーーーん。
c0158813_1818257.jpg

みんなでまったり(*^-^*)
c0158813_18185511.jpg

ウィードくんとひなたは終始ほんとに良く走ってたね。
でも、
c0158813_18191573.jpg
とことんパワフル!

しつこさには定評のあるひなた(笑)、ウィードくんのスタミナには負けたかな(^m^)ベンチの陰でお休み中。
c0158813_18185050.jpg


ゆめも、お友達ができて良かったね~♪
c0158813_18193471.jpg


また、お会いできたら遊んでくださいね(^^)/
c0158813_1819814.jpg

ウィードくん、パパさんママさん、どうもありがとうございました♪
c0158813_18195266.jpg




*  *  おまけ  *  *


ゆめパパと立ち寄った本屋で見つけたこの絵本。
c0158813_2231454.png

パパが「ウィペットだ!」と言うので、そうかな~?ジャックラッセルじゃない?などと言いながら
(実物は太い帯が付いてたのでワンコが隠れてた)手に取ってみると、
ビンゴでした~~!大きさからして、きっとウィだぁ♪
カラーもホワイト&ブリンドルでゆめとおんなじ。
でもタイトルが「さよなら…」だったので、買うかどうか迷ってしまい(^^ゞ

ウィペットの「ジャンピー」と、飼い主の男の子が仲良くなってすぐに
お別れしなければならなくなるという悲しいお話でした。
悲しいけれど、ジャンピーの優しさにあったかくもなり。。

店頭でしっかり読んで、しっかり泣いてしまいました(^▽^;)

結局、ちょっと縁起が悪いので購入しませんでしたが、
ウィペットが題材の絵本ってなかなかないと思うので嬉しかった♪



今回も文章ばかりで長くなってしまいましたが、
最後まで読んでくださってありがとうございました(*^-^*)



[PR]

by yume-whi | 2012-07-01 18:21 | 健康
2011年 01月 24日
エリカラ取ってみました。

●お知らせ●

Pim:likoのHPに、ひなたのモデル姿をUPしていただきました♪

ベドリントンテリア特集」として、着用写真がたくさん載っていますので
ベドリントンオーナーさまは参考にしてみてください(*^-^*)
サイズなど、ご質問があればお気軽にコメント欄からご連絡くださいませ!


*        *        *

術後2日目。
手術当日と翌日は固まっていることが多かったのですが、
ようやくエリカラにも慣れて、普段のひなたらしさが戻ってきました^^

のびもできるし、
c0158813_15553644.jpg

ペタンとかえる脚も♪
c0158813_15554615.jpg

おもちゃも、くわえづらそうですが遊んでます。
c0158813_15563535.jpg


それでも、やはりガコガコぶつかったり、水が飲みにくかったりしていたので
先生に相談して、私達が見ていられる時だけエリカラを外してみることにしました。

エリカラ外したら、もういつものひなたと変わりません。
得意の寝方も披露してくれました(^m^)
c0158813_15555330.jpg


ゆめはヒーターの前でまったり♪
c0158813_1556094.jpg


昨日までは、こんな状態だったのにね(* ̄m ̄)
c0158813_1613055.jpg
(携帯画像)

2日間はエリカラをつけっぱなしで耳掃除もしていなかったため、
ただでさえ垂れ耳なのに蒸れてしまったのか、かなり汚れてしまっていました。
綺麗に拭いて、さっぱりしたね(*^-^*)


あと、手術前のひなたと大きく変わったことが…
それは、食べ物に対する執着と食べる速さ。

今までは、ガツガツ系のゆめに比べて、ものすごく食べるのに時間がかかっていたひなた。
手術後、ゆめと同じかそれ以上にガツガツ食べるようになりました。
丸1日絶食して、「いつもごはんがもらえるわけじゃないんだ」と思ったのかな(^▽^;)

細かく切ったりんごを食べる時はふたりで「シャクシャク」噛んでいたのが、
ゆめがシャクシャクやっている間にひなたは丸飲みして、ゆめのまで欲しがる始末。
これから元に戻るかもしれないけど、丸飲みは困るけど…
バクバク食べてくれるのは嬉しいです♪

*        *        *

休日はみんなで近くの公園にお散歩に行きました。
c0158813_162208.jpg

ひなた、張り切って歩いてます。
c0158813_1622938.jpg


ゆめはここの公園で落ち葉の上を歩くのが大好きなんだよね^^
c0158813_1632963.jpg

ひなたはここへ来るの、初めてだね~!
c0158813_16338100.jpg


小さいけれどバラ園があるので、ここへ来ると寄ってみます。
c0158813_1625125.jpg
今の時期は咲いてないだろうなと思ったけど、ほんの少しだけ咲いているものがありました。
c0158813_164574.jpg

水仙も咲いてたよ。
c0158813_1652662.jpg

わたしが写真を撮っている間に、みんなでワンコさんに挨拶に行ってました。
c0158813_1641548.jpg
ゆめはゴロゴロだけど…(* ̄m ̄)

ケアンテリアさん、こんにちは。
c0158813_1642418.jpg

ちょっとだけご挨拶したら、ゆめはまたゴロゴロ。
ギャー!頭が!!ΣΣ(゜д゜lll)
c0158813_164324.jpg
早速芝だらけです^^;

梅が咲いてました~♪
c0158813_164523.jpg

大きな木で、チビっこいわたしが撮ると背が届かなくてこんなん。
(今日は望遠じゃなく、軽さ優先でキットレンズ装着なので)
c0158813_1645929.jpg

「貸して」と、ゆめパパが撮ってみるとちゃんと届くんだもんねぇ。
c0158813_165625.jpg
ずるーい( ̄^ ̄)

ここの公園、春になれば桜がとても綺麗で賑わう所です。
桜の季節になったたら、またみんなで来ようね~(*^-^*)
c0158813_1651757.jpg



帰り道にビーグルさんとご挨拶するも、ひなたに任せてゆめはまたスリスリ。
c0158813_1653414.jpg
ひなたがいない時のお散歩はすっごく積極的だったのにねぇ(^m^)


帰りの車、わたしの膝の上で風を感じるひなた。
耳がなびいてます(笑)
c0158813_1655014.jpg
ベドリントンの特徴でもあるこのフサフサの耳、
着替える時に襟を通したらまるでマフラーのように「パサッ、パサッ」と両方を出します。

横から見ると、こんな。
c0158813_1655912.jpg
顔のカタチがよくわかる写真、第2弾だね(笑)
ゆめにはなびく毛がないから、新鮮です!(^m^)

そうそう、ここ2日くらいでタマタマはかなりしぼんで、
梅干しっぽくなりました(笑)
写真は撮ったけど、自重します(^^ゞ


[PR]

by yume-whi | 2011-01-24 16:35 | 健康
2011年 01月 19日
無事帰ってきました♪

おかげさまで、本日ひなたは去勢手術を終えて無事帰ってまいりました。
c0158813_21152495.jpg
病院を出る時からかなり落ち込んでました^^;
病院の先生曰く、男の子の方が落ち込む子が多いそうです。。

「頑張って!」と、お電話メール&コメントをくれたみなさま、
どうもありがとうございました(*^-^*)
とっても心強かったです。


手術前に、記念に撮っておいたたまたまの写真(笑)
c0158813_21153347.jpg
ひなたを迎える前から、去勢については何度も話し合って決めたことです。
それでも、やはり気持ちが揺らいでしまったり…
私達がよく考えて出した結論は、この子達にとってベストなもののはず!

続きはこちら♪
[PR]

by yume-whi | 2011-01-19 22:02 | 健康
2009年 11月 18日
その後の経過
ゆめの体調を心配してコメントやメールをくださったみなさま、
どうもありがとうございます。
アドバイスなどもいただき、とてもためになりました。


あのあと夕方のお散歩では、ゼリー状とコロコロが混ざったようなものを出しました。
それでも、2週間前にしていたゼリー状よりは水分が少ない感じです。

昨日、今日と、出すものの状態がだんだん良くなってきていて、
おかげさまで、少しずつですが回復してきています。

ごはんは少しずつ量を増やしてみています。
お薬は今日から少しずつ減らしてみています。


嘔吐のほうはあれから一度もありません(^^)v


食欲は相変わらず底なしです(* ̄m ̄)
ごはんは回数を増やしているので、1回の量が少なめ。なので食べた後でも・・・
c0158813_182132.jpg
と、ねだられています(笑)

写真で見ても、痩せちゃった感があるなぁ~。。

ごはんが質素な分、お散歩はかなり短めにしているのですが、やはり痩せてしまいますね。
ちょっとしかお散歩させてもらえないので
今日はソファーの上で駄々をこねていました(笑)

でも、本犬は変わらず元気にしているので、また良くなったらお肉つけてあげようっと♪



このまま、良くなりますように!

みなさまの励ましがとても嬉しかったです(*^-^*)
[PR]

by yume-whi | 2009-11-18 18:45 | 健康
2009年 11月 16日
再び不調。。
ジャパンカップの前の週にお腹の調子を悪くしてしまったゆめですが、
またしてもイベントの一週間前に体調を崩してしまいました…(>_<)

今度は上からも下からもです。。。
詳細を記録として残しておこうと思います。

*今回も、お食事中の方はご遠慮くださいませm(_ _)m




14日の夜中、お腹の調子が悪かったのか、トイレに起きる。
室内のトイレまで辿り着けずにしてしまう。
ちょっと軟らかいという程度。

その2時間後、今度はリバース。
計4回、吐くものがなくなるまで続く。

お昼頃、ベランダに出たそうにしていたので窓を開けると
すぐに出て行き、水のような下痢をしてしまった。
ベランダでトイレをしたことなんて一度もなかったのでビックリ。
相当苦しかったのだと思います。
普段はすこぶる快腸なゆめなので、とても心配になってしまいます。

夕方、パパが帰ってから病院へ連れて行くことに。
車に乗る前に少し周りを歩くと、また水便。


かかりつけの病院へ。

うんちの検査をしてもらったが異常はなし。
熱もないし食欲もある。
気温の変化などによる体調不良からくる、胃腸障害という診断でした。
細菌性の下痢ではなさそうなので、止めた方がいいということで
下痢止め(エルベン注、硫酸ベルベリン)を皮下注射することに。
背中に一本プスリ。。

ゆめパパが質問したところ、腸の動きを止めるのではなく、
便自体を固める作用のある、比較的穏やかなタイプの下痢止めだそうです。


しっぽ、かなり巻き込んじゃってます。
c0158813_14233821.jpg
先生は胃薬の筋肉注射もすると仰ったのですが、筋肉注射は痛みがあるということなので、
相談した結果、胃薬は錠剤にすることにしました。

下痢止めと胃薬の飲み薬を出してもらって帰宅。
ビフィズス菌製剤はうちにある人間用のものでいいそうなのでそれを使います。
c0158813_14172840.jpg

夜、少し外へ出るが排便はなし。本犬はいたって元気なのが救いです。



15日、適度な運動はしても問題ないということだったので夕方お散歩へ。
少し歩くと、うんちポーズ。
注射をしたのでてっきり固めのが出るかと思ったら、
また水…、でも途中からゼリー状になった。
その後3回同じような排便。


先生によると、ゼリー状のものより、水状のほうが症状が重いのだそう。
わたし、逆かと思ってました。
ということは、少しだけれど回復しているということ!


ちょっと安心して帰宅し、足を拭きます。
ところが、いつもなら走って部屋へ入るゆめの元気がない。
どうしたのだろうと思っていると、嘔吐の姿勢を取りました。

グエッ、グエッ、、と、2、30回繰り返し・・・
なかなか吐けないので呼吸も苦しそう。
やっと出したのは少しの胃液。
わたしはゆめの苦しそうな姿を見て不安でいっぱいでした。
と同時にゆめパパが帰宅し、急いで病院へ。


日曜ということで病院は混雑していて、1時間ほど待って診察室へ。
下痢止めの注射で治まらないということは治りにくくなってしまっているとのことで、
もう一度量を増やしての注射と、昨日はしなかった胃薬の注射もすることに。。
筋肉注射の針が太ももに刺さった瞬間、座り込んで震えだしてしまいました。
涙も流しているし。。。(T_T)
痛かったね、頑張ったよ。これでお腹もゲーも治るといいね。


こういう症状の場合、原因の特定は難しいのだそうです。
あまり治らないようなら、すい臓の異常がないかなどを確かめる血液検査や、
異物を飲み込んでいないかを見るためのレントゲンなどの検査をすることになるとのことでした。



それから、ごはんをヒルズの療法食の缶詰にしませんかと言われました。
繊維質が豊富なごはんで、便を固める作用があるとのこと。
肥満改善にも使われるものらしいです。
原材料を見てみると、とうもろこし、チキンなど。
うーん、とうもろこしか~。。。
急に食事を替えるのにも抵抗があったので、缶詰はやめて、お芋などで代用することにしました。


下痢止めの飲み薬も増やしてもらい、帰宅。

病院にはうさぎさんや猫ちゃんも来ていて、
猫ちゃんの鳴き声に首をかしげて尻尾を振っている姿を見て、
なんだかホッとするやらおかしいやら。
今日も、悪いところ意外は普段どおりの元気なゆめです。



このあいだのことでアドバイスのコメントもいただきましたが、
先生もオススメのお芋で繊維増量のごはんに。
おからも良いそうですが、元々大豆食品で緩くなるタイプなので使えません。

おかゆをフープロでペーストにしたものとさつま芋、ささみ少量のごはんです。
c0158813_14173841.jpg
これで、いいうんちさん出ておくれよ~。


食べたあとは、かまくら掘って寝ています。
何だか具合悪そうに見える写真ですが、いつもどおりってことです(笑)
c0158813_14184933.jpg
今はリバースの症状もなく、まだ排便もありません。


週末はウィ祭りの開催があります。
またもやイベント前の不調で…今回はキャンセルになってしまうかもしれません。
早めに良くなれば様子を見て参加させていただくかもしれませんが、
無理だけはさせないように、しっかり治していきたいと思っています。



原因については、前回と今回に共通して思い当たることがひとつ。
広場に遊びに行った時に、コロコロとしたうさぎの糞のようなものを食べてしまったのです。
これが一体何なのかはわかりませんが、思い当たることはこれくらい。
もしそれが原因だとしたら、拾い食いのしつけができていない私達の責任です。








それから、もうひとつ気になっていること。


前回の不調の時にちらっと書いた、爪の変色。
足を拭いたらキャンと言い、指を握ったらかなり痛がっていました。
あれから2週間ほど経っているので、今は痛みはなさそうです。
歩くのも走るのも、普通にできます。

写真は少し前のもので、爪切りをしていないのでかなり伸びています^^;
爪切り大嫌いなゆめなので、痛い時にはしないほうがいいだろうということでちょっとお休みしていました。

今回先生にも診ていただきましたが、やはりどこかにぶつけたか、内出血しているようとのこと。
c0158813_1419724.jpg
ピンクの矢印の爪に、縦に黒っぽく線が入っています。

白い矢印の方は、根元が赤黒っぽい色になっています。これはどちらの爪も同じ状態です。
他の爪はなっていないので、何なのか・・・
血のような色なので心配してしまいます。
お友達ワンコも、同じように根元が変色しているらしい。

爪から細菌感染することもあるそうなので、そういうものの可能性もあるのかなぁ。。
その場合、特に治療はしないそうです。

何かご存知の方がいたら教えてください。




とにかく、早く良くなって、いつものゆめに戻りますように!!
[PR]

by yume-whi | 2009-11-16 15:46 | 健康
2009年 11月 03日
ゼリー状の・・・
食欲は犬一倍旺盛。
お腹が弱いとされるウィペットの中では、かなり頑丈な腸を持って生まれたゆめ。
ちょっとやそっとのことでお腹を壊すことはないのですが・・・

金曜日の夜から、お腹の調子がよくありませんでした。
その様子をメモしておきます。


*お食事中の方はご遠慮くださいねm(_ _)m



10/30 夜
・急にソワソワと落ち着かなくなり、玄関へ行ったりドアに手をかけたりしていました。
 どうしたのかなと思い、散歩は済んでいたのですが外へ。
 柔らかい便とゼリー状の粘膜を出してしまいました(>_<)
 家の中で排便はできるのですが、本犬はできればあまりしたくないのです。

・熱もなく、いたって元気。少し様子を見ることに。

・以前、同じようにゼリー状の便をした時は慣れない場所でひとりきりにしたストレスが原因でした。
 今回の原因はなんだろう?


10/31
・食事を消化の良いものにして様子を見ると、この日の便は普通だったので、
 安心していました。



11/1 朝
・散歩での便は小さくてかなり固め。
・食事をいつも通りのものに戻しました。馬肉+内臓、オートミール、野菜、サプリなど
 これがマズかった。。もう少し慎重にするべきだったと大反省です。

この日はゆめを留守番させて出かけていたのですが、
留守の間にトイレで一回(固さは普通)していました。珍しいことです。

11/1 夕方 
・散歩でした便が少し緩かった。
・食事はここでもいつも通りのものを与えてしまいました。気づくべきだったと猛省中。。。

11/1 夜
・またもや落ち着かなくなり、おトイレの体勢に・・・
 ゼリー状の便でした。
 このゼリー状のものは、腸の粘膜が出てきてしまっているようです。
 少し様子を見て、治らないようなら病院へ行こうということになりました。

・便以外は、いつも通り元気なゆめです。




11/2 
・早朝からひとりで起き出し、トイレへ。(トイレというのは室内のことです)
 昨日よりは少し固いけれど、普段よりは軟便。
 ゼリー状だった部分は粘度が増して少し固まった感じでした。

・ここから食事を半絶食にし、葛へ変更。(もっと早く対応すべきでした。)
 手作り食を始めてから、人もゆめも、お腹の調子が優れない時にはお世話になっている食材です。
 くず湯(200ccの水に葛粉大さじ1杯程度)のみを飲ませました。

・数回に分けて飲ませ、夜散歩へ出ると、小さい、本当にちいさ~い、コロっとした便でした。
 何も食べていないのだから小さくて当然だけど、すごく嬉しかったです(T_T)

 でも、油断してまた逆戻りするのは避けたいので、
 食事は葛を継続。

・夜から、くず湯の濃度を濃くして(250ccの水に大さじ2.5杯くらい)
 りんごのすりおろしも混ぜました。
 一日くず湯だけしかもらえなかったゆめは大喜び!



11/3 朝
・昨夜と同じく、くず湯とすりおろしりんご。
 量は少ないですが、昨日よりはたくさん食べられて喜んでいます。

11/3 昼
・更に濃度を濃くして、くず練りに。りんごも一緒にです。
 ぽてっとしていてちょっと食べにくそうだけど、お腹にたまるので満足したみたい^^
c0158813_21364058.jpg
 

・お散歩では、昨日よりは少し大きいけどまた小さな小さなうんちくん。
 コロッとしたのが出ると、愛しくなってしまう~(爆)

11/3 夜
・くず練りは継続して、徐々に元の食事に戻すことに。少量頻回です。
 まずはくず練りに、普段は生で食べている馬肉を茹でて加えました。
 「お肉、んまーー♪」と食べてました(笑)

今は「最近ごはんが少ないなぁ」とふてくされつつ、寝ています。

このまま、調子が戻ってくれるといいな。

結局、原因という原因はわからなかったのですが、
ゆめはお腹が強いからと安心しすぎて対応が遅くなったことはとても反省しています。
何だったのだろう・・・知らないうちに拾い食いでもしたのかな(>_<)

今回、調子が悪かったのはお腹だけで、他はすこぶる元気でした。


あ、ひとつ。
散歩の後、足を拭いている時に、ギュッと握ると痛がってヒャーンと鳴くことがありました。
どうやら、左前足の爪の付け根が痛いみたい。
歩いていても騒いで回っても全然痛がらないのに。。

なんでもないといいのだけど・・・そちらもちょっと心配です。

c0158813_21533251.jpg
那須のJapan cup Finalまであと少し。
この調子なら参加できそうですが、様子を見て判断したいと思います。
体調がよくなって、気持ちよく走れるといいね。
当日までには普通の食事ができるようになるかな。。

みなさま、どうぞよろしくお願いします。
[PR]

by yume-whi | 2009-11-03 22:26 | 健康
2009年 09月 01日
ゆめの左足
もう1ヶ月も前のことになります。

いつも行く公園で遊び終わり、身体のチェックをしている時、
ふとゆめの後ろ脚に違和感を覚えました。


写真の、丸で囲ってある部分。 (この写真は帰省の時のものです)
c0158813_1732586.jpg
この部分って、普通両足とも少しボコッと出っ張っていますよね。
そのでっぱりを触ると、左だけ妙にでっぱりが大きいな、と感じました。
微妙な差なので、気をつけて見ると外見からも少し分かるかな~、という程度です。


とりあえず散歩は切り上げて、ゆめパパと「これは何なのか、原因は何か?」を話しました。


どこかにぶつけたから腫れている?
・・・でも、腫れにしてはとても固い。骨のよう。

様子を見てみようか。
・・・でも、もし骨の異常だったら・・・



結局、念のため、かかりつけの病院へ行って診てもらうことにしました。


先生が触ってみると、

「確かに少し出っ張りがあるようだけど、何かの過形成(タコのようなもの)かもしれないね。
希望されるのであればレントゲンを撮りますが、どうしますか?」

原因を知りたかったので、レントゲンをお願いしました。



去年、違う病院で抜歯の前の検査のためのレントゲンを撮った際、
暴れてしまって、帰ってきたら傷だらけになっていたということがあったので、
事情を説明したら私たちもレントゲン室へ一緒に入ってもいいと言っていただきました。

皆さんには過保護だなぁと思われてしまうかもしれませんが・・・

鉛の入った重い防護服を着てゆめと一緒にレントゲン室へ入り、
脚を撮りやすいようにゆめを支えてやると
暴れずにいい子で撮影をすることができました。先生のお心遣いに感謝です。



そうして撮れたレントゲン写真を、これまたお願いをして撮らせていただきました。

これが、膨らんでいない方の右足。
c0158813_17313234.jpg



そして、こっちが問題の左足。
c0158813_17314251.jpg
囲んだ部分が右足と違うのがわかるでしょうか。
骨の脇に、何かがくっついているように見えます。

黄色く塗りつぶした部分がそれです。
c0158813_17315068.jpg

この「骨のように写っている何か」、
確実な正体はわかりませんでした。

ぶ厚い医学書を持ってきて見比べて私達にも見せてくれましたが、
腫瘍などではないことはすぐにわかりました。

「どうもカルシウム沈着のようだ、
慢性の関節炎の場合にこのような症状が見られるが、
この場所にできているのは初めて見た。
この部分がブレーキなどで地面に強く当たる時には、痛みがあるかもしれない。」
とのお話でした。

片方の足だけということは、おそらく利き足の関係なのだろうと・・・


そして、この症状がこれから治ったり良くなったりすることは多分ないでしょう、とのこと。
これ以上悪化しないよう、足に負担のかかるような事・・・
  ──フリスビー、ボール遊び、急ブレーキや急ターンなどは、
控えた方がよいとのことでした。

自分のペースで走ることには問題はないだろうということです。





話を聞いていくうち、心配が確信に変わり・・・
良くなることはないと聞いた時は二人ともとてもショックでした。



人間もそうだけど、運動をしていれば調子の悪いところも出てくる。
そこまで心配することではないけれど、これからも楽しく走ってもらいたいので、
ケアできるところは出来る限り気を遣っていこうと思います。



ゆめは、フリスビーなどで遊ぶとき、加減というものをしません。
フリスビーが地面に落ちても、いつでも全力で追いかけて急ブレーキや急旋回をします。
そのターンも、今考えると左回りが多かったような気がします。

走らせてやれるのは週に一、二度くらいで、
そんなに足を酷使していたわけではないから、
いつも左足に負荷がかかる、無理なブレーキ・ターンの仕方をしていたのでしょう。


また、DTRでも、急ブレーキをした時に痛がって足を上げているということが何度かありました。

その後数日間、階段を上がるのをためらったり、
車に飛び乗ることをしなかったりということがあったので
どこか悪いのだろうかとずっと心配だったのですが、
これも、この左足が痛かったためなのだろうと初めて分かりました。




念のため撮ったレントゲンで異常が見つかったことで、
これからのケアを気をつけてあげられることはとても良かったと思っています。

でも・・・
フリスビーが本当に大好きなゆめ。
取り上げてしまうのはとても心が痛みます。
c0158813_17294397.jpg
確実に真っ直ぐ、確実にキャッチできるように投げられれば、
ブレーキやターンをしなくて済むので問題はないのだけど・・・
到底そんなことはできないので、
練習してから再度チャレンジしようと思っていたフリスビー大会への参加も、
叶わなくなってしまいました。


DTRやコーシングに関しても、
ブレーキをしなくてもいいようにできるだけゴール後の距離が長く、
足への負担が少なくなるように、コンディションの良い会場を選んでの参加になると思います。

これまで一生懸命頑張って走ってきてくれたゆめですが、
これからのDTRは参加を楽しむスタイルになっていくのかな、と思います。

ゴール後の距離が十分に取ってあるコーシングでは後ろ脚でブレーキをかけなくて済むので、
ゆめも思い切り走ってくれると思います。



基本的に走ったりお散歩したり、日常生活に支障はありません。
これ以上悪化させないよう、注意していこうと思います。

ゆめはいつもどおり、とても元気にしています♪
5歳になったばかり、引退にはまだ早い(^^)v
走るの大好きなゆめを、これからもどうぞよろしくお願いいたします!






そんなちょっと落ち込みぎみの我が家に、
遅くなっちゃったけど・・・と、
きよまるさん(パピヨンのリンダちゃん&KTくんのママさん)から、
ゆめの誕生日プレゼントに、自作の絵をいただきました♪
c0158813_2228519.jpg
「7月の絵だから季節はずれなの」とのことですが、
優しい雰囲気でとても可愛い~(*^-^*)
それと、飛騨高山のお土産の、忍者さるぼぼもいただきました♪

あじさいの横で、海にかかる虹を見つめるゆめの後姿。
なんだかとっても癒されました。
ウィペットを描くのは初めてだそうですが、そうとは思えませんよね!
ブリンドル模様も、ちゃぁんと羽根のようなゆめの柄になっています^^

大切に飾らせていただきたいと思います♪
きよまるさん、元気の出る素敵なプレゼントをどうもありがとうございました!
[PR]

by yume-whi | 2009-09-01 22:52 | 健康
2008年 07月 23日
乾燥のせい?
ゆめのお誕生日に、たくさんのおめでとうをありがとうございました♪

ゆめに、「みんながおめでとうって言ってくれたよ♪」と言うと、首をかしげた後、目を細めていました。伝わったかな^^


それにしても、毎日暑いですね~………。
c0158813_13351290.jpg

ゆめはこんな感じでドライをかけた部屋でまったりのんびりしております。
涼しくって気持ちよさそうなのだけど、ひとつ気になることが。

ゆめ、冷暖房の効いた部屋にいると、逆くしゃみ(リバーススニーズ)が出やすくなるんです。
あの、急に呼吸を苦しそうにする発作みたいな症状。

逆くしゃみは健康等に特に問題はないらしいけれど、苦しそうにするのでやっぱりかわいそうに感じてしまいます。

乾燥がいけないのかな~。
こまめに換気したほうがいいかもしれませんね。


症状が出たら、鼻と口を軽くふさぐか息を吹きかけてやるとすぐに治まります。
それを止めるとまたすぐになってしまいます。。。

過呼吸のようにも見えるのだけど、お医者さんが大丈夫というのだから心配はないのでしょうね。
普通はどのくらいの頻度でなるのかなぁ。ならない子もいるのかな。



閑話休題。
誕生日に作ったクッキーが今まででベストな配合でできあがったので、メモ代わりにレシピを書いておきます♪
c0158813_13352138.jpg


■今のところベスト配合クッキー■

  <材料>
薄力粉と全粒粉        合わせて150g
ベーキングパウダー     小さじ1/2~2/3
  (わたしはアルミニウムフリーのものを使ってます)
卵                1つ
オリーブオイル         20g
牛乳または水         適量


1.粉類を合わせてふるっておく。
2.オイルと卵を泡だて器でよく混ぜる。
3.2に粉を入れ、ヘラでさっくり混ぜる。
4.牛乳を適量加え、まとめ、冷蔵庫で1~2時間寝かせる。(省略してもOK)
5.打ち粉(できれば強力粉)をして延ばし、型で抜き、170℃のオーブンで30分焼く。

できあがり~~♪ 

サクサクで歯にくっつきやすいので、ベーキングパウダーをカットすればもっと硬いクッキーになるかもです。

今回はキャロブ入りのものも作りました。ココア風味~!
味つけは何もしていないけど、全粒粉とキャロブが香ばしくてひともパクパク食べちゃいました♪
天板いっぱいに焼いたのに、もうこんなに減っちゃった。

ゆめよりゆめパパのほうがたくさん食べたんじゃないの~~?(笑)
[PR]

by yume-whi | 2008-07-23 14:09 | 健康
2008年 07月 01日
おいしいお薬
今日で術後1週間。順調に回復しています。
たくさんのお見舞い、ありがとうございましたm(_ _)m

今はごはんはなるべくやわらかめにして、毎日、抗生物質と化膿止めを飲ませています。
そこで活躍しているのがバナナ~!
好きなモノはほとんど丸飲みしちゃうゆめだから使えるのですが…
お薬を埋め込んで、
c0158813_21533795.jpg

「はやくちょうだいよ~~」
c0158813_21535645.jpg

パクっ。
c0158813_21541259.jpg

以前はごはんに混ぜていたのですが、たまにお薬だけ避けてしまうことがあるのでこうするようになりました。喉の奥に入れるより楽チンなのです♪

抜歯のあとはこんなかんじです。
c0158813_21543142.jpg

○で囲んであるのがもとは立派な歯があったところ。
吸収糸で縫ってあり、糸がなくなるのは2ヶ月後くらいだそうです。


術後は寝る時やお留守番の時、念のためハウスに入れていたので、最近自分から入ることが多くなりました。
c0158813_21552174.jpg

やっぱり落ち着く場所なんだね。
c0158813_21554353.jpg

皆さんにご心配をおかけしましたが、とっても元気なゆめに戻りました♪
頬のでっぱり変形問題も心配していたほどではなく、よーく見ると判るかな?というくらいです。

歯磨きトレーニングも少しずつ始めています。
まずは抜歯したのと反対側の歯だけ、病院で買ったバイオティーンというデンタルジェルをつけたガーゼで拭いています。これから歯ブラシにも慣れさせていく予定。キレイな歯を保つぞ~~!
[PR]

by yume-whi | 2008-07-01 22:13 | 健康
2008年 06月 26日
手術のこと
術後2日、おかげさまでもうすっかりいつも通り元気なゆめに戻りました。
昨日まで、気官についた傷で咳が出ていましたが、それも今日は大分いいようです。
それでは、24日の手術の様子を、詳しく書きたいと思います。

長くなるので、お時間のあるときに読んでみてください。

続きはこちら
[PR]

by yume-whi | 2008-06-26 19:27 | 健康